Wifiの料金はルーター次第

実はWifiそのものの料金というものはそこまでかかるわけでありません。



結局はルーターの問題であり、そこでどれだけのお金がかかってくるかというのが大事になっていきます。



公共施設などで提供されているWifiの料金は無料であり、簡単に接続が出来る一方、スピードが遅い難点がありますが、最近はモバイルルーターが多く出回っており、複数の企業がサービスを展開しています。

そこで発生するWifiの料金は各企業のサービスで大きく違っており、使い放題のケースと一定のデータ通信量までは安く、従量課金されていくケースも存在している状況です。



ただWifiの料金はどこの企業でもそこまで大差がないというのが実情です。
その代わり、自宅でもインターネット回線を使い、そこが提供するサービスを利用する場合は安くなったり、携帯電話の費用とセットにすることでお得に利用できたりするなど、何かのサービスと付随することでお得に利用できることは多いです。


なので、そのあたりを使いこなしていくことで切り詰めていくことは可能です。

単独で使う場合でも普段からどれだけの通信量なのかを調べて検討を進めていき、使い勝手のいいものを探す必要があります。

例えば、公共施設で使えるものの中には特定の携帯電話会社のユーザーだけが利用できる電波や毎月お金を出して利用できるサービスなどもあります。
これらで事足りればルーターを買う必要はないです。Wifiの料金はルーターを使うべき状況か、使わなくても別の使い方で足りるのかで大きく変わります。